foodpanda配達員の登録はこちら。給料・時給も解説。バイトより稼げるの?

foodpanda配達員の登録はこちら。 給料・時給も解説。 バイトより稼げるの_

 

foodpanda(フードパンダ)は、2020年9月に日本でサービスが開始したフードデリバリーサービスです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)や出前館と同様に、コロナ過の状況もあってか、始まって間もないサービスであるにも関わらず、「サービスを利用する」「配達員として働く」このどちらの視点からも注目されています。

ここでは、foodpanda配達員の登録方法や基本情報などを分析し、

  • 「foodpanda配達員の登録条件や手順」
  • 「foodpanda配達員として稼ぐポイント」

などについて、詳しく検証していきます。

foodpanda配達員の登録条件・登録方法

foodpanda配達員の登録条件

foodpandaで配達員として働くには、foodpandaで配達員と登録する必要があります。ここではまず、配達員の登録条件や登録方法について解説していきます。

foodpanda配達員の登録条件

配達員に登録する条件としては以下のようになっています。

  • 18歳以上である
  • 日本国籍を持っている
  • 外国籍の場合は就労ビザを持っている
  • 自転車及びバイクを所持している
  • 日本語が堪能であること

これらのことが条件としてあります。

基本的には日本国籍を持つ18以上の男女ということですが、一覧にもあるように日本語が堪能で就労ビザを持っていれば、外国籍の方でも配達員として仕事を受けることができます。

自転車及びバイクの有無は、配達する手段に関することですが、バイクの場合は2020年11月9日より中型・大型での配達も可能になり、札幌エリアに至っては冬季限定で軽自動車を使っての配達も可能です。

札幌エリアの場合は他のエリアとは違い積雪する可能性が高いので、それに対しての措置だといえます。

foodpanda配達員の登録方法

配達員への登録は専用サイトを使ってオンライン上で行います。

登録後は業務に必要となる専用アプリのダウンロードも必要です。

専用サイトにアクセスするとTOPページが表示されるので、そこでまず配達するエリアと配達する車両(配達手段)を選択します。

配達員への登録の大まかな流れは以下のようになります。

  1. 配達エリアと配達車両の選択
  2. 名前や電話番号などの個人情報の登録
  3. 国籍の選択と年齢の確認
  4. 本人確認のための写真付きの身分証明書をアップロード
  5. 金融機関の情報を登録
  6. 業務委託契約書を確認して同意する

流れとしてはこのようになります。

本人確認の身分証明書のアップロードの際は、この他にも生年月日や配達車両、緊急連絡先電話番号などの登録も必要です。

金融機関の情報は報酬の受け取りに必要になります。

登録が完了したら、次に業務に必要となる専用のアプリをダウンロードします。

配達員専用アプリである「Roadrunner」は、AppStoreやGooglePlayなどのストアにはありませんので、専用サイトでの登録後に、そのままアプリのリンクへアクセスをしましょう。

アプリのダウンロード後は、ログイン時にパスワードを入力する必要がありますが、後術にある配達員の拠点での研修で教えてもらえます。

foodpanda配達員の登録条件・登録方法
  1. 登録はオンライン上で行う
  2. 業務用のアプリもあわせてダウンロード

foodpanda配達員の仕事の仕組み・報酬システムは?

foodpanda配達員の仕事の仕組み・報酬システムは?

foodpandaでの配達の仕事を行う際は、仕事の仕組みと報酬のシステムをしっかりと理解することが最も重要です。

foodpanda配達員は、一般的アルバイトや会社員などとは仕組みが根本的に異なるため、正しく稼いで高額報酬を得るためにも、まずは仕事の仕組みと報酬システムをしっかりと理解しておきましょう。

仕事の仕組み

配達員の基本的な仕事の流れは以下のようになります。

  • アプリ経由で配達依頼を受注する
  • 指定された飲食店に商品を受け取りに行く
  • 注文番号の確認後に商品を受け取る
  • 商品を注文者に届ける
  • 現金払いの場合はその場で代金を受け取る

このようになっています。

ここでのポイントは、「アプリ経由での受注」「飲食店までの移動距離を含んだ配達距離」の2点といえます。

アプリでの配達の受注のため、拠点やそれ以外の場所にいた場合でも、リアルタイムで配達の受注ができるため、そこはアプリを使った大きなメリットではありますが、ここで注意しなければいけないのは、「受注した位置から飲食店までの距離」「飲食店から注文者までの距離」と、1度の配達で2通りの距離が発生することです。

後術にも詳しくありますが、foodpanda配達員での高額報酬のポイントは、「1時間及び1日でどのくらいの数の配達をこなせるか」なので、いかにして距離を短縮させるかも重要です。

ですので、foodpanda配達員では、「アプリ経由での受注」「飲食店までの移動距離を含んだ配達距離」これら2つのポイントを前提に仕事を進めることを常に頭に入れておきましょう。

報酬システム

foodpanda配達員は、個人によって報酬に差が出るケースがあります。

上記にもあるように、配達の件数によっての報酬の差はもちろん、基本的な配達の単価そのものに差が出るケースもあります。

報酬単価は数種類の要素で構成

配達単価は以下のようなさまざまな要素によって構成されています。

  • 配達距離
  • 配達車両
  • 配達エリア
  • 配達する時間帯
  • 応答率
  • ランク

これらの要素で配達単価が構成されています。

距離や車両、エリアなどは他のフードデリバリーサービスなどでも採用されている項目で、配達する時間帯は、例えばお昼時や夕飯時などに影響します。

ここでポイントになるのは、応答率やランクなどの要素で、応答率とは「配達リクエストに対して配達を完了した割合」であり、ランクとは配達による貢献度などで変動する配達員のランクです。

変動する要素としない要素

配達距離は配達する距離によって決まる金額、配達車両は自転車やバイクといった配達手段によって決まる金額、配達エリアは配達する地域によってきまる金額なため、これらは計算がしやすく変動が少ない要素といえます。

一方の、配達する時間帯、応答率、ランクは、タイミングや貢献度によって変動する要素であるため、報酬全体の金額に影響しやすい要素となります。

時給保証の制度

foodpanda配達員の報酬は、一般的なアルバイトや会社員とは違い、成果による報酬が採用されています。

つまりは完全歩合制度なわけなのですが、foodpandaでは配達員に対して1000円/1hの時給保証の制度が設けられており、これは同じような形態を採用する他のフードデリバリーサービスにはない制度で、foodpanda配達員をやる大きなメリットともいえます。

時給保証のポイントには、「1時間あたりの配達件数が1000円に満たない場合その差額を保証」「保証を受けるには条件がある」これらのことがあります。

例えば1時間で400円の配達を2件しかできなかった場合は、1時間あたり800円の報酬となるので、1000円からの差額の200円が保証分として支給されます。

ですが、保証が適用されるには条件があり、「応答率が60%以上である」ことが条件となっているので注意が必要です。

また、この保証制度は期間限定の措置となっているので、今後のエリアや需要の拡大、配達員の増員などの状況によって、保証制度が終了することが確実とされています。

タイトル
foodpanda配達員の仕事の仕組み・報酬システムは?

  1. 仕事はアプリで管理
  2. 報酬は配達件数に応じて変動

foodpanda配達員はどのくらい稼げる?時給・給料の目安は?

foodpanda配達員はどのくらい稼げる?時給・給料の目安は?

foodpanda配達員の報酬は、上記にもあるように配達件数によって金額が変動します。つまり、得ることができる報酬の額は、配達件数にそのまま比例します。

「やったらやっただけ貰える」といえば簡単ですが、それを現実にするには「目標とそれを実現するプロセス」や「自分がどのくらい稼ぎたいのか」が大事です。

時給か日給か目標を設定する

まずは自分がどのくらい稼ぎたいのか、目標を設定することが大事です。

時給や日給のどちらかで目標を設定するわけですが、金額設定はその地域の平均時給や最低賃金などを目安にすればわかりやすいです。

例えば、配達単価の平均が350円で、地域の最低賃金が800円/1h、平均時給が1000円/1hだった場合、1時間あたりの配達件数が2件であれば最低賃金以下、3件の場合は平均時給ほど、4件の場合は平均時給以上となります。

もちろん、5件や6件配達をすればそれ以上の報酬を得ることができます。

ですが、現実的に配達できる件数も限られており、無理に配達件数を増やしてしまうと配達の質が下がってしまったり、事故を起こすリスクも増えてしまうため、報酬と仕事量のバランスをとることも大事です。

変動要素を上手く活用

配達件数を無理に増やさなくても、変動要素を上手く活用すれば少ない件数でも効率的に稼ぐことができます。

例えば、ピーク時以外は件数が少なくても、単価が上がるピーク時に多く配達をすれば、1日単位での平均時給が上がりますし、応答率やランクを上げれば配達単価そのものが上がります。

foodpanda配達員はどのくらい稼げる?時給・給料の目安は?
  1. 目標とプロセスをしっかりと定める
  2. 変動要素を上手く活用する

foodpanda配達員をやるメリットは?デメリットはある?

foodpanda配達員をやるメリットは?デメリットはある?

foodpanda配達員は、上記の解説にもあるように、目標ややりようによっては高額報酬をえることも十分に可能です。

ですが、そのためにもfoodpanda配達員をやるメリットやデメリットをしっかりと知っておくことも大事です。

foodpanda配達員のメリット

foodpandaで配達員をやるメリットには以下のようなことが考えられます。

  • ライフスタイルに合わせて仕事ができる
  • 時給保証がある
  • 単価が高いケースがある

これらのことがメリットとしてあります。

この手の仕事に共通していえることですが、ライフスタイルに合わせて仕事ができる点は大きなメリットといえ、それによって専業・副業どちらでも好きなスタイルで仕事ができます。

上記にもあったような「時給保証」など、foodpandaならではのメリットもあります。

また、foodpandaでは配達距離が長くなると1件の配達で単価が1000円を超えるケースもあるようなので、これはfoodpandaで配達員をやる大きなメリットでもあり、魅力ともいえます。

foodpanda配達員のデメリット

メリットが多くある反面、それゆえのデメリットもあります。

  • 稼働エリアが少ない
  • 加盟店が少ない

デメリットしては稼働エリアが少なく、それに伴い加盟店も少ないことです。

エリアと加盟店の数は、そのまま仕事の量にも比例するので、いくら単価が高いとしても、配達件数が少なくなってしまっては、1日全体の報酬も少なくなってしまいます。

ですが、foodpandaは日本でサービスが始まってまだ間もなく、現在エリア拡大傾向にあるため、これらのデメリットは今後解消されることは十分に考えられます。

foodpanda配達員をやるメリットは?デメリットはある?
  1. 高単価で好きなスタイルで仕事ができることがメリット
  2. エリアと加盟店が少ないことがデメリット

foodpanda配達員の拠点(研修)場所はどこ?

foodpanda配達員の拠点(研修)場所はどこ?

foodpanda配達員として働くには、事前に研修を受ける必要があり、研修はオンライン上ではなく、拠点へ訪れて受ける必要があります。

研修を受けることになる拠点は各エリアにあり、営業時間内に行く必要があります。

  • 営業時間 月曜日~金曜日(土日祝休み)  午前11:30~午後19:30
  • 拠点 札幌、仙台、横浜、名古屋、神戸、広島、福岡

場所や営業時間内など条件はありますが、時間内であれば予約不要でいつで訪れることができます。

研修では、業務に必要となるアプリ「Roadrunner」のログインパスワードや、給料やシステム説明などがあるため、必ず参加するようにしましょう。

foodpanda配達員は配達備品が受け取れるの?

foodpanda配達員は配達備品が受け取れるの?

研修時に配達に必要となる各種備品を受け取ることができます。

備品は、専用のバック、Tシャツ、レインジャケット、ヘルメットなどといった配達に必要な備品となるので、必ず受け取りましょう。

因みにこれら備品は、現在のところ無料で支給されています。

foodpanda配達員のランク制度って何?

foodpanda配達員のランク制度って何?

foodpanda配達員のランク制度とは、配達員の貢献度などによって決まる配達員個人のランクです。

上記にもあったように、配達員のランクは応答率や配達件数などの貢献度によってランクが上がり、配達員のランクはそのまま報酬に反映されます。

仕事の受注などの単価以外の面でも優遇されるため、高額報酬を得るための重要な要素となります。

foodpanda配達員の給料日はいつ?

foodpanda配達員の給料日はいつ?

foodpanda配達員の給料日(報酬受取日)は毎週あります。

報酬の支払いは、月~日に稼働した分が翌週の火~水曜日に振り込まれます。

毎週給料日があり締めからの時間が少ない点も魅力でありメリットですが、月曜日が祝日などの場合は翌営業日締めになるので、そこは頭に入れておきましょう。

foodpanda配達員はどのくらい働ける?営業時間は?

foodpanda配達員はどのくらい働ける?営業時間は?

foodpandaの営業時間は全国一律で「午前8:00~24:00」となっており、これは他のフードデリバリーサービスよりも長い時間といえます。

ですが、基本的には加盟している飲食店の営業時間に影響されることが考えられるので、エリアにある加盟店によっては営業時間が短くなるケースも念頭に入れておきましょう。

例えば、Aエリアに加盟店の最長の営業時間が23:00までだった場合は、それ以降配達の依頼は発生しないということになります。

foodpanda配達員とウーバーイーツ配達員の違いは?どっちが稼げる?

foodpanda配達員とウーバーイーツ配達員の違いは?どっちが稼げる?

同じフードデリバリーサービスとしては、ウーバーイーツが有名で比較もしやすいですが、エリアの規模や加盟店の数も違うため、foodpanda配達員とウーバーイーツ配達員でどちらの方がより稼げるかは、はっきりとしていません。

ですが、ここまでで何度もあるように、このような歩合制の仕事では、「目標とそれを実現するプロセス」や「自分がどのくらい稼ぎたいのか」がポイントになるので、自分のスタイルや環境にあった方が稼ぎやすいといえます。

どちらのフードデリバリーサービスが自分に合っているのかを知るためには、まず2社の特徴を知っておくことが大事です。

foodpanda配達員 ウーバーイーツ配達員
  • 加盟店・エリアは少ないが単価が高い
  • 単価の変動要素 あり
  • 時給保証 あり
  • 配達員の充実度 不足傾向
  • 加盟店・エリアは多いが単価は平均的
  • 単価の変動要素 あり
  • 時給保証 なし
  • 配達員の充実度 豊富

簡単にまとめるとこのような違いがあります。

foodpandaは始まったまだ間もないことや、配達員が不足ぎみであることもあってか、ウーバーイーツに比べ、配達員に対して優遇されている印象で、加盟店・エリアの少なさを単価や待遇でカバーしているようにも思えます。

 

foodpanda配達員のまとめ

ここまで、foodpanda配達員の基本的な情報や仕事・報酬の仕組みなどから、foodpanda配達員の稼ぐポイントなどを中心に解説しきました。

foodpanda配達員をはじめとする、フードデリバリーサービスの配達員は、基本「個人事業主」として仕事を受けるため、仕事に対しての責任が細かくはっきりしています。

ですが、目的やプロセスがしっかりとしていれば、より多く稼ぐことも可能で、やりがいもあることは間違いありません。

foodpanda配達員で稼ぐためには、仕事や報酬の仕組みをしっかりと理解し、目標とそれおを達成するプロセスをしっかりと組み立てて、バランスよく仕事を行いましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です